ロゴ

カテゴリ一覧

>オススメ情報>家族葬を選んでいる人が多いのには理由があった

家族葬を選んでいる人が多いのには理由があった

葬式

家族葬への需要が高まっている要因は、他の葬儀形式と大きく違うためです。第一に会場の規模が違います。家族葬の場合は自宅で行われたり、専用の会場で行われたりします。専用の会場では、故人と一緒に泊まれる設備を完備している場合があり、アットホームな雰囲気で行われます。家族への負担も少ないので、故人が家族葬を希望するケースも増えています。そのほかには、費用面の違いあります。一般葬の場合は会場代やお花代、香典返しなど事前にある程度の金額が必要となります。しかし、家族葬では会場自体が小さいので、一般葬ほどはかかりません。香典も拒否するケースも多いです。このように低コストで、比較的自由なスタイルの葬儀が実現できます。

家族葬は親しい友人や親族のみで行う葬儀の事です。他の葬儀形式と違う点は、故人とのお別れの時間がたっぷりあるという点です。まず、喪主や親族の方にとっては、大掛かりな葬儀を行うと準備や参列者への挨拶などで時間が取られて、故人を偲ぶ時間が取れない場合があります。しかし、家族葬では最低限の準備で済みますので、故人との最後の時間を大切に過ごすことが出来ます。また、参列者にとっては、大勢いる他の参列者に気兼ねすることなく、故人へ思い出話をしたり、これまでの感謝の気持ちを語りかけたりする時間があります。そのため、ゆったりとお別れの時間を確保したい方、残された家族に負担をかけたくないと考えている方に好まれている葬儀の形式です。

数珠